ライフハック

デキるやつのタスク管理術|lineをメモアプリとして活用するのがベストな理由

Todoリスト・メモなどタスク管理はまとめてしたいですよね。

だけど手間がかかるとかえってめんどくさい、とくに新しいアプリを入れても使わなくなる。

この記事では、そんな方に向けて継続できてなおかつカンタンなタスク管理術を紹介します。

普段使っているLINEをつかうので、始めるハードルも低いですよ。

LINEタスク管理術を紹介

まずはイメージをつかんでもらうために、下の画像を見てください。

トークルーム例

ピン止めされているトークルームが5つ見えると思います。5つともグループなんですがメンバーは自分一人です。

「自分だけしか参加していないグループをつくって上にピン止めする」これがLINEタスク管理術の答えになります。

LINEでするメリット

LINEタスク管理術がどのようなものかわかったとこで、LINEでするメリットを紹介します。

主にあげられるメリットは以下の4点です。

  • わざわざ新しいアプリを入れなくていい
  • タスク管理をする以外にもアプリを開く
  • 一人のグループがつくれる(メモ)
  • ピン止めしておけば邪魔にならない

スマホでタスク管理をするって考えは良いんですが、わざわざタスク管理のためだけにアプリをとるってすごい面倒じゃないですか?

だからこそ、普段使っているLINEを使うことで「わざわざ」の部分を取り除くことができます。

LINEが連絡を取るアプリ+タスク管理をできるアプリに早変わりです。

 

また、トークルームをピン止めできるものLINEを使う理由の一つです。

上にピン止めしたトークルームは完全にLINEのトークルームと分離できるのでごちゃ混ぜになることはありません。

TP
TP
上部はタスク管理、下はプライベートと区別できます!
スポンサーリンク

LINEタスク管理術のやり方

前置きが長くなりましたが、LINEタスク管理術の手順を紹介します。

画像を使って解説するので、手順にそってやってもらえばかんたんにできますよ。

TP
TP
やり方って言ってもトークルーム作るだけなんですけどね

一人グループを作る

まずは一人のトークルームを作りましょう。

画像で解説する前に流れの確認をします。

  • LINEの友達画面
  • 右上の「+」ボタン
  • グループ作成
  • 右上の「次へ」
  • グループ名を決める
  • 右上の「完了」

上の手順で自分一人だけのグループができます。

それでは画像で手順を確認していきましょう。

①LINEの友達画面に移動して、右上の「+」をタップ

②画面上部の「グループ作成」をタップ

➂誰も招待せずに右上の「次へ」をタップ

TP
TP
誰も招待しないっていうのがポイント

④グループ名を決めて右上の「完了」タップ

ここでは、名前を「ToDoリスト」にしました。

自分にとって分かりやすいグループ名をつけたらOKです。

⑤これでグループの作成は完了です。

トークをピン止めする

無事に自分一人のトークが完成しましたね。

次は完成したトークルームを上にピン止めしましょう。

①トークを右にスワイプ

②ピンのマークをタップ

➂トークルームの上部にピン止めできましたね

 

トークルームの内容をアナウンス

最後はトークルームを使いやすくする豆知識です。

トークルームの上にバナーがあるのが分かりますか?

このバナーを出すことで、なにについてのトークルームかをすぐに判断できます。

TP
TP
内容がごちゃごちゃしないのに役立ちます

バナーの出し方

①アナウンスの文章を送信

②送信した文章を長押し

➂アナウンスをタップ

④上に表示されました

⑤おまけ|アナウンスしたトークを削除

文章を長押しして削除すれば完了です。

 

再確認の意味も込めてぼくはバナーを上部に表示しています。

TP
TP
なんかバナーがあった方がおしゃれじゃないですか?

おススメのトークル―ム

ぼくが実際に使っていて便利なトークルームを紹介します。

ToDOリスト

まずはタスク管理の大定番ToDoリストです。

ぼくは「ヤることリスト」という名前で使用しています。

使い方はいたってシンプルで思いだしたとき、忘れてはいけないものをここにトークとして送信しています。

さっとスマホでメモができて便利です。

本用メモ

これもなかなか便利で、読んだ本で気になったフレーズやアイデアが膨らんだ文章をメモしていきます。

メモするときは、

  1. 本の名前
  2. 気になった文章
  3. ページ

この3つをメモするようにしています。

フレーズだけ書いていても、見直したいときにすぐ見直すことができないですからね。

ただのメモ

「ただのメモ」これ以上の説明がいるでしょうか?いやいらない(反語)

はい、ただのメモです。ぼくが主にメモする内容は、

  1. ふと思ったこと
  2. ふと思ったこと
  3. 特定の記事からコピペした文章
  4. ふと思ったこと

の4つです。

特定の記事のコピペは、何度も見直したい記事や特定部分に共感したことを忘れないためにしています。

TP
TP
ただのメモって本当に便利、あーそういえばあの時!って思いだすこと増えました。

記事アイデア

一応ですが、ブロガーとして活動しているので必須の記事アイデアです。

思いついたらとにかくすぐにここにメモを取るようにしてます。記事ネタが尽きないのもこれのおかげです。

今から何書くかまよったときは、この記事アイデアのトークから選んでいます。

とにかく思いついたときにすぐにメモすることが後々楽になる秘訣ですね。

ここででた記事アイデアは、ぼくの作った記事をはやく書くテンプレートに沿って記事になります。

>>記事をはやく書くテンプレートを見る

ブログ記事テンプレート
初心者でもブログ記事がかける魔法のテンプレートを紹介ブログはじめたばかりの時はどうやってブログかいていいかわからないですよね。 ぼくも自分の最初のころの記事を見かえして、「自分、記事...

LINEタスク管理術|まとめ

今回はLINEでできる、タスク管理術を紹介しました。

他で紹介されているのとは違い、わざわざ別のアプリをとる必要がなく途中でやめることが少ない方法になっています。

ぼく自身ブロガーとして、一度思いついた記事アイデアを忘れなくなりましたし、学校の課題もLINEのトークルーム上で管理しています。

使えば使うほど、自分仕様になっていきますし、トークの返事をするついでにタスク管理できるのがめちゃめちゃ便利です。

是非一度LINEでのタスク管理をしてみてください。

TP
TP
マジでおすすめしますよ~

最後まで見てくださりありがとうございました。

以上「デキるやつのタスク管理術|lineをメモアプリとして活用するのがベストな理由」でした。