カメラ

2019年最新版|Canonユーザー必見のAPS-C専用の純正レンズまとめ

CanonAPS-C専用純正レンズまとめ

僕がCanonユーザーということもあり今回はキャノンのAPS-Cセンサー専用の純正レンズについてまとめてみようと思いました。

各レンズについて特徴やどんな人におススメできるかも解説しているので、目次部分から気になるレンズだけでも見てください。

TP
TP
記事書いてて改めてCanonの純正レンズは本当にレベルが高いと感じました!!

超広角レンズ|Canon EF-S10-18mm F4.5~5.6

canon10-18

まず一番最初に紹介するのは、CanonのAPS-C専用の超広角レンズです。

このレンズは広角レンズをひたすら紹介する記事でも紹介していますが、本当に良いレンズで2本目におすすめしたいレンズです。

>>APS-C専用広角レンズのおすすめまとめ

広角レンズは今までの標準レンズとは違い広い画角で風景を丸ごと切り取ることができます。

広々とした雄大風景を撮影できる広角レンズ。山に架かる雄大な虹、青い海と広い空、見たままに撮影するだけで最高の一枚を撮影することができるので、より一層写真欲が高まります。

TP
TP
何より手振れ補正+広角で自分が写真をうまくなったように感じます

>>CANON公式ページEF-S10-18㎜F4.5-5.6

焦点距離10-18㎜(フルサイズ換算16-28.8㎜)
F値F4.5-5.6
重量240g
手振れ補正あり
フィルター径67㎜
スポンサーリンク

超広角レンズ|Canon EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

今紹介した10-18㎜が初心者向けの広角レンズならこの10-22㎜は中級者以上向けの広角レンズ

ターゲットが中級者以上向けということでお値段も倍wその代わり写真の写りは倍以上の1本です。

まず大きな違いはF値。最低F値が4.5→3.5になっています。これによってボケのある写真や星の写真を撮ることができます。

また焦点距離も35㎜換算で16-35㎜の超広角から広角域をすべてカバーしています。

35㎜となってくると風景だけでなくスナップにも使用できます。

また、こだわる人にはうれしいフルタイムマニュアル付きなのも魅力的。中級者向けといいましたが、初心者がレベルアップを見越して買うのにもおすすめです。

TP
TP
1本で何役もこなす万能レンズ!

>>CANON公式ページEF-S10-22㎜F3.5-4.5

焦点距離10-22㎜(フルサイズ換算16-35㎜)
F値F3.5-4.5
重量385g
手振れ補正なし
フィルター径77㎜

単焦点レンズ|Canon EF-S24mm F2.8

次に紹介するのは24㎜の単焦点レンズ。

他のメーカーでなくCanonを選んだ理由の一つに高性能のレンズが安価で手に入るというのがありました。

このレンズもそのうちの一つです。パンケーキレンズと呼ばれ初心者から上級者まで幅広く評価されています

このレンズの軽くて寄れるのがポイント。カメラが重くて持ち運ぶのがめんどうになることもありません。

最短撮影が9㎝とかなり寄れるのでカフェなどの室内写真にも最適。F値2.8ということもあり一眼レフらしいボケが楽しめます。

TP
TP
初めの1本に!明るくボケる写真を撮りたい人におススメ

>>CANON公式EF-S24㎜F2.8特設ページ

焦点距離24㎜(フルサイズ換算38.4㎜)
F値F2.8
重量125g
手振れ補正なし
フィルター径52㎜

マクロレンズ|Canon EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM

次に紹介するのはCanonのAPS-C機専用のマクロレンズ。

マクロレンズとは、通常のレンズよりも、近接撮影ができるレンズのこと。通常のレンズは、被写体に一定の距離までしか近づけ(ピントが合い)ません。マクロレンズは、被写体に近づき、その細部まで写すことができます。

Canon公式より引用

EF-S35㎜はレンズ先端から30㎜まで寄って撮影できるます。さらにマクロ撮影用にレンズにLEDが内蔵されているので暗くなる心配も不要です。

Canonユーザーでマクロレンズをさがしているならこれしかないんじゃないか?って1本。

またマクロ撮影だけじゃなく、単純に単焦点レンズとしても優秀。35㎜換算で56㎜の焦点距離はスナップにも風景にも使用可能です。

>>CANON公式EF-S35㎜F2.8 マクロ特設ページ

焦点距離35㎜(フルサイズ換算㎜)
F値F2.8
重量190g
手振れ補正あり
フィルター径49㎜

マクロレンズ|Canon EF-S60mm F2.8 マクロ USM

最後に紹介するのは60㎜の単焦点レンズ。F値も2.8と明るいレンズなので一眼レフらしいボケが楽しめます。

35㎜のマクロと違うところは手振れ補正の有無、こちらのレンズは手振れを搭載していないので注意が必要です。

マクロ撮影も魅力なのですが、このレンズ一番の魅力は解像度。この記事で紹介したレンズのどれよりもキレッキレに解像します。

画質が良すぎるとでも言いましょうか、1段2段絞って風景をとってみてほしいです。本当にすごい解像感です。

>>Canon EF-S60㎜公式ページ

焦点距離60㎜(フルサイズ換算96㎜)
F値F2.8
重量335g
手振れ補正なし
フィルター径52㎜

Canon APS-C専用の純正レンズ|まとめ

Canonのカメラを使い始めた理由として安くで素晴らしいレンズが手に入ることが理由の一つでした。

今回改めて記事を書いていて、「やっぱりCanonさすがだな~」って思いましたしぼくはこれからもキャノンユーザーだと思います。

最後に紹介したレンズのリンクを張っているので気になるレンズがあった方はチェックしてください。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

以上、「2019年最新版|Canonユーザー必見のAPS-C専用の純正レンズまとめ」でした。