カメラ

HAKUBAレンズペンレビュー|1本2役でレンズをきれいにする最強ペン型クリーナー

いつもレンズについた汚れはどうしてますか?

もし、レンズの汚れをTシャツの端やズボンで拭いているならかえって汚れが伸びたり、傷がつく原因にもなっています。

そこでカメラマンのあなたにおススメしたいのがレンズペン

この記事では、ぼくの愛用しているHAKUBAのレンズペンをレビューするとともに、

  • レンズペンとは何か
  • レンズペンの何がいいのか

について書いていきます。

TP
TP
結論から先に言うとレンズペンはカメラマンには絶対必要なアクセサリーです。

HAKUBAレンズペンの役割

はじめにレンズペンを知らない人のためにちょっと解説します。

一眼レフ用のレンズって高級品ですよね、1本数万円から数十万円までするレンズもあります。

高級品であるからこそ、レンズについた汚れはすぐにとるこれは絶対です。

汚れが付いた状態だとゴーストの原因となったり、せっかくの写真の写りが悪くなることがあります。

メガネをかけたことがある方はわかると思いますが、汚れていたらその部分が見にくくなりますよね。

写真でも同じで、レンズが汚れていたらその部分はきれいに映らなくなります。

そのためにもレンズの汚れをとることは、必ず必要なんです。

汚れをとる手段は、ブロアーとレンズクリーナーで掃除する方法がありますがキレイになる分持ち運びにスペースをとります。

ブロアーとレンズクリーナー
TP
TP
撮影時にもっていくものが増えちゃうね

そこで便利なのがレンズペン。ペンというだけあって細く小さいのにも関わらず、十分レンズをきれいにする力があります。

レンズとレンズペン
TP
TP
ブロアーとレンズクリーナーと比較するととてもコンパクト

 

今回はレンズを長く使うために欠かせないコンパクトなレンズ清掃アイテム「レンズペン」の紹介をします。

スポンサーリンク

HAKUBAレンズペンの特長

レンズペン

ぼくも愛用している万能レンズペン「HAKUBAレンズペン」の紹介をしていきます。

HAKUBAレンズペンは一本二役

ブロアーとレンズクリーナーでもレンズはキレイにできるといいましたが、何より荷物が増えてしまいます。

ですがHAKUBAのレンズペンならブラシがブロアーの役割を、クリーニングチップがレンズクリーナーの働きをしてくれるので、1本2役です。

レンズペンブラシ

ブラシの方は女性の化粧品などで使われる天然ヤギの毛を使っています。

TP
TP
スライド格納式で毛が痛むこともありません。

クリーニングチップの方は3D曲面になっていて、レンズの曲面に絶妙にフィットします。

レンズペン曲面

さらに、クリーナー部分のチップは、セーム革と呼ばれる鹿の革で作られているのできめ細かく水にも強い革となっています。

TP
TP
汚れや水滴もこれ一本で掃除できますね
カーボン粉末の付属

さらに、クリーナーチップの蓋にはカーボン粉末がつけられていてただのセーム革よりも汚れを落としやすくなっています。

蓋をするだけで、カーボンチップが補充されるのもポイント!

(写真ではわかりにくくなっています、申し訳ありません)

HAKUBAレンズペンはクリーニングチップが交換式

もちろんクリーナーチップは消耗品のため、汚れが落ちにくくなる時が来ます。

ですが、HAKUBAのレンズペンはクリーニングチップが交換式なので、消耗したチップを交換すればまた使えるようになります。

スペアチップ

最初からスペアの交換チップはついていてお得。

クリーニングチップは通常の使用で500回以上使用できます。

ぼくは、すでに半年以上使っていますが汚れをしっかりと落としてくれていますので、大体1つのクリーニングチップで1年くらいはもつ計算ですね。

仮に予備のチップが消耗しても大丈夫です。しっかりと交換用のチップだけも販売されています。

交換チップは少し高く感じますが、このセットを買うだけで1年以上使えることを考えると経済的です。

TP
TP
一日1回もつかわないしね(笑)

HAKUBAレンズペンは小さくて軽量

掌のレンズペン

レンズペンは手のひらサイズでちっとも邪魔になりません。

ただモノの管理が悪い人は小さいのでなくす危険があるので要注意です。

ちなみにどれだけ軽いのか気になったので計ってみました。

レンズペン重さ

なんと16g、1円玉16個分の重さしかありません。もはや、レンズペンを持っていくのももっていかないのも誤差ですね。

TP
TP
軽くて小さいからなくしやすいのが唯一のデメリット。

HAKUBAレンズペンはあらゆる汚れに強い

基本的にどんな汚れでもブラシとクリーニングチップで汚れを落とせます。

子供がべたべた触ったような油っぽい汚れには弱いですが、雨のしぶき通常の指紋、皮脂汚れくらいならなかったことにしてくれます。

  • 1本2役で超万能
  • クリーニングチップが交換式なのでずっと使える
  • 小さくて軽量
  • あらゆる汚れに強い

HAKUBAレンズペンの使い方

最後にレンズペンの使い方を解説します。

手順1

手順1はブラシでほこりやゴミを取り除くことです。

ブラシでほこりを落とす

ササっとブラシで払ってあげましょう。

TP
TP
もし汚れがついていなかったらここで終了
手順2

手順2はキャップを外してクリーニングチップで汚れをとりましょう。

レンズをチップで拭く

中心から外側に向けて円を描くように掃除をします。

TP
TP
チップについたカーボン粉末が汚れをとるので優しく拭きましょう

HAKUBAレンズペン|まとめ

マイナス面を言う方がむずかしいくらいなのでほめちぎってしまったことは反省しています。

ですが、それほどいい商品だということは伝わったんではないでしょうか?

僕はもともとブロアーとレンズクリーナーでレンズの汚れを取っていたのですがレンズペンを買ってからはレンズペン1本で事足りています

とにかく便利なので一眼レフユーザーは1本持っておいて損はしないアクセサリーです。

TP
TP
ずっと使えるからお得感もいっぱいですよ~

最後まで見てくださりありがとうございました。

以上「HAKUBAレンズペンレビュー|1本2役でレンズをきれいにする最強ペン型クリーナー」でした。

 

一眼レフと一緒に買いたいアクセサリーの紹介
カメラマン目線|一眼レフと一緒に買うべきものを優先順位をつけて紹介一眼レフカメラを買ったけど、一緒に買っておくべきものはあるのかな? この記事では、上記のような疑問をもっているに向けて、カメラと一緒に...