カメラ

永観堂のライトアップに行ったから感想とか写真スポットを紹介する

永観堂ライトアップ

先日、永観堂のライトアップに行ってきたので変更の詳細や撮影ポイントを紹介します。

永観堂に行く予定のある人、興味のある人はぜひ見てください。

TP
TP
永観堂のライトアップはとにかくキレイでした。間違いなく京都で一番です。

永観堂のライトアップは三脚の使用が禁止されています。撮影は必ずルールを守りましょう。

永観堂ライトアップの写真を公開

まずは、変更の雰囲気をつかむために写真を見てください。

永観堂

 

永観堂

 

永観堂
スポンサーリンク

永観堂ライトアップの詳細

カンタンに永観堂ライトアップの詳細を解説します。

永観堂ライトアップの期間

永観堂は秋の紅葉シーズンのみのライトアップです。

開催なし
11月3日~12月2日

毎年開催日に1~2日の前後はありますが、

  • 春は開催なし
  • 秋は11月初めの土曜日から12月最初の日曜まで

の開催です。

また、時間は以下のようになっています。

時間17:30~20:30(受付終了)21:00に閉門

永観堂ライトアップの見ごろ

京都の紅葉の色づきは比較的遅い傾向があるので、11月の最終週が見ごろとなっています。

ライトアップ開始から1週間後に訪れると、紅葉と緑のグラデーションを見ることができますね。

見ごろ11月最終週

永観堂夜間特別拝観の料金

京都では、桜、紅葉の季節になると各地でライトアップが開催されますが料金は場所によってまちまちです。

永観堂は京都で一番きれいにも関わらず、料金も安めに設定されています。

料金600円

永観堂までのアクセス

へのアクセスは主に3つで

  1. 電車と徒歩
  2. バス
  3. タクシー

で行くことができます。

それぞれ解説します。

手段①電車と徒歩

ほとんどの方が電車と徒歩で行かれます。

徒歩15分は遠く感じるかもしれませんが、人の流れができているのでさほど遠く感じない印象です。

最寄り駅地下鉄蹴上駅
徒歩蹴上駅から15分

徒歩のルートは以下の地図をご覧ください

永観堂ルート
  1. 蹴上駅を出て直進(案内板があります)
  2. 1つ目の交差点を右斜めに横断
  3. ずっと直進
  4. 2つ目の信号で右折
  5. 突き当りが永観堂
TP
TP
南禅寺の近くを抜けていくルートもありますが、ややこしいのでお勧めしません。

手段②バス

徒歩15分もかかるならバスの方が楽だ!と思われるかもしれませんが京都市営バスは人が多くほとんどの場合が席に座れません。

さらに、満員のバスに揺られることも少なくないのでその点だけ気をつけてください。

最寄りのバス停南禅寺・永観堂道から徒歩3分

バス停からの徒歩ルートは以下の地図を参照

  1. バスを降りて右手の信号を横断
  2. 直進
  3. 突き当りが永観堂

手段➂タクシー

おすすめしない手段です。

行くことはできるんですが帰りにタクシーを捕まえることがかなり困難です。

永観堂に向かうタクシーはたくさんあっても永観堂前でタクシーは停車を禁止されています。

なので、帰りにタクシーが使えないなんてことが起こります。

よほどのことがない限りは上の2つの公共交通機関を使用して訪れましょう。

永観堂ライトアップの混雑具合は?

先に結論から言うと、人混み・待ち時間が苦手な人には絶対におすすめできません。

キレイと評判なので仕方ないかもしれませんが

  • 開門1時間前にすでに500人超の待機の列がある
  • 開門時間(17:30)には1500人は余裕で超えているであろう長蛇の列
  • 中に入っても360度人だらけ、一番きれいなところから見るためには15分待つのは覚悟
  • 開門1時間後(18:30)の時点で約1時間30以上の待ち時間

とにかく人の量が尋常ではありません。

気合を入れていかないと大変なことになっちゃいますね。

 

連休の混雑状況はこんな感じ

見えていない部分にも人がたくさんいます。

永観堂混雑
TP
TP
これで開門1時間前です…

永観堂の撮影スポット

せっかく永観堂のライトアップを見に行ったからには、良い写真が撮れるスポットを把握してから行きたいですよね。

ここでは、実際にとった写真と共に撮影スポットを紹介していきます。

永観堂撮影スポット①

永観堂

橋の真横からの撮影になります。

橋の上(赤丸の右)では立ち止まることが禁止されているので、みなさん橋の横で写真を撮られています。

TP
TP
もちろんすごい量の人がいます。
永観堂 定番
  • 赤の塗りつぶしが撮影スポット
  • 矢印の方向を見る
  • 黒丸を撮影

撮影スポット②

永観堂

永観堂の紅葉の美しさを切り取ることができる構図です。

1つ目と比べると人が少ないのでゆっくり写真を撮ることができます。

池と橋と紅葉が見れるのはここだけなので、記念撮影にもぴったりです。

永観堂2つ目の定番
  • 赤の塗りつぶしが撮影スポット
  • 矢印の方向を見る
  • 黒丸を撮影

撮影スポット➂

永観堂

一面のモミジの絨毯です。

池の周りに目が行きがちですが、ここもとてもきれいな写真が撮れる撮影スポットです。

立ち止まって撮影されている方も少ないので落ち着いて写真撮影ができますね。

永観堂紅葉狙い
  • 赤の塗りつぶしが撮影スポット
  • 矢印の方向を見る
  • 黒丸を撮影

永観堂ライトアップの感想

とにかく人が多い。これが一番の印象です。

紅葉ライトアップは10数か所訪れたので、たくさん見てきましたが京都では永観堂が一番きれいです。

どこを歩いても、どこを撮っても真っ赤に染まった紅葉があるのでほんとうに感動しました。

ですが、正直1~2時間も並ぶのであれば他の場所でもいいのではないかというのが個人的感想です。

永観堂夜間特別拝観|まとめ

この記事では、永観堂ライトアップについて詳細と撮影スポットなどを紹介しました。

テレビでも取り上げられるほど有名な紅葉の名所なので人は多いのは当たり前ですね。

いかれる方は長時間待つことを覚悟してください。

以上「永観堂のライトアップに行ったから感想とか写真スポットを紹介する」でした。