ブログ

初心者でもブログ記事がかける魔法のテンプレートを紹介

ブログ記事テンプレート

ブログはじめたばかりの時はどうやってブログかいていいかわからないですよね。

ぼくも自分の最初のころの記事を見かえして、「自分、記事の書きかたわかってなかったなと」思いました。

だからこそ、初心者はテンプレートにそって書くことが重要だといいきれます。

今回は、ぼくが現在つかっている『初心者でもまとまった文章をかけるテンプレート』を紹介します。

これを使っていい文章書いてくださいね!

いきなりテンプレートを紹介

まずは実際にぼくが使用しているテンプレートを紹介します。

すこし下のほうがきれてしまっています、すみません。

ブログテンプレート

これが実際にぼくが使っている記事のテンプレートです。だれでも使えるようにPDFファイルをダウンロードできるようにしておきました。

メモ帳にでもコピペして使ってください。

ブログ記事テンプレートをダウンロード

スポンサーリンク

なぜテンプレートをつかうか

記事の構成は、その記事の完成度の70%をしめます。構成で記事がきまるといってもいいですね。

このテンプレートを使うことで、自分が何について書くかがわかるだけでなく読者にも読みやすい記事に仕上がります。

読みやすい記事とは

読みやすい記事は、最初から最後まで1つのテーマについてはなしているものです。

そのため、このテンプレートでははじめに

  • 記事の内容
  • 読者ターゲット

をはっきりと示すようにしています。

これをすることによって記事をかいているときに、もういちど何についての記事なのかを見直すことができるんです。

見出しのつけ方

大見出し

大見出しをつけるときは、1つでもキーワードをいれるようにしましょう。キーワードをいれることで検索で読まれるようになります。

また、大見出しだけで記事の内容をわかるようにしましょう。目次に表示されている大見出しで意図がつたわらないと、読者は離脱します。

中見出し

中見出しは主に大見出しの補足・分割につかいます。

この記事だと「見出しのつけ方」という大見出しのなかに・大見出し・中見出しという中見出しがありますね。

まとめの書きかた

まとめは、読者にとっても自分にとってもふりかえりになります。

あぁー、この記事こんなこと言ってたな

そう思ってもらえたら、いいまとめだったということです。びしっと記事をしめましょう。

まとめ

この記事では、ブログ記事のテンプレートと記事を書くちょっとしたテクニックを紹介しました。

10万人くらいに読まれるブログで実際に使っているテンプレートなので、十分に使う効果はあります。

ぜひ、このテンプレートを使っていいブログ記事を作ってください。